あらゆる像を捉えたデザインを

デザインを行うにあたり、しっかりと「像」を捉えるデザインを心がけています。
誰に対してのデザインなのか、しっかりとターゲットの「像」を捉え、無形のアイデアや思想を「像」として可視化できるアウトプットにすること。
これまで様々なデザインをしてきましたが、これが簡単なようでとても難しいと感じています。
色々な人や物事が絡むと本来の目的から少しずれてしまったり、内部の事情で作りやすいものを優先してしまうことも多く経験してきました。
それを防ぎ、良いアイデアを強いまま保つためには、共同する内外のメンバーの「像」やクライアントの「像」をしっかりと理解し、さらに自分の「像」も理解してもらうことが必要だと思っています。
あらゆる「像」を捉えるデザインを。
デザインオフィスゾウはこのような意識を持ちデザイン提案することを目指しています。

Return Top